中古車購入マニュアル

新車、中古車を問わず、車を購入するということは、電化製品や衣類を買うのと訳が違う。例えば揃えるべき書類がある。また車購入はクーリングオフの対象外だ。何も知らずに購入時にドタバタしたり、後悔したりしないためにも、必要な知識をダンドリ順に学んでおこう。

2.販売店へ実車を見に行く

A.実車を確認する

実際に座る・動かす、試乗してみる

中古車購入マニュアル:実車を確認する

一台一台、価格も異なれば走行距離や年式、装備も違うのが中古車。その中で、どうやって選ぶかといえば、やはり実際に車を見に行くのが一番だ。なぜなら前オーナーの使い方次第で、走行距離や年式の割にキレイだったり、逆にくたびれていたりすることがあるからだ。また装備も実際に触ったり動かしてみることで使い勝手がわかりやすいし、必要かどうかの判断もしやすい。

時々「お買い得車」を探す人がいるが、結論から言えばそんな都合のいい中古車は存在しない。価格が高い・安いのには、キズの有無・年式の新旧・走行距離の多少など、必ずそれなりの理由があるからだ。ただし、できるだけ予算内でいいものを探したいのであれば、例えばキズの有無にこだわらないから装備が充実したものを、など条件に優先順位をつけることで、その人にとっての「お買い得車」が見つかるだろう。

また、実車を見ているうちに、だんだんと予算を忘れていく人も多いが、販売店へ行く前には、予算はもちろん「譲れない条件」をきちんと決めていったほうが、お気に入りの一台を選びやすいはずだ。

B.見積書を確認する

諸費用について知っておく

中古車購入マニュアル:見積書を確認する

車を購入する際に、車両本体価格以外に必要となるお金が、いわゆる諸費用。大きく分けて税金関連(法定費用)と販売店手数料(代行活動費用)の二つがある。当然これらも予算の中で考えておかなければならない。購入車両の金額や車種、車検の有無、販売店などによって異なるが、目安として200万円の車両本体価格なら少なくとも20万円くらいは見ておいたほうがいい。

以下は、主な諸費用の名目と、その内容。

法定費用一覧
自動車税

排気量に応じて課税される都道府県税。支払うのは購入時と、購入後は毎年1回。購入時の支払額は、購入した月によって異なる。なお軽自動車は軽自動車税という市区町村税となり、購入時の支払いはなく、購入後毎年1回支払うのみとなる。

■自動車税の月割り相当額・軽自動車税の税額(単位:円)※この表は登録月を見ればよい仕組みになっている。

排気量 登録月 年額
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1000cc以下 27,000 24,500 22,100 19,600 17,200 14,700 12,200 9,800 7,300 4,900 2,400 0 29,500
1000cc超1500cc以下 31,600 28,700 25,800 23,000 20,100 17,200 14,300 11,500 8,600 5,700 2,800 0 34,500
1500cc超2000cc以下 36,200 32,900 29,600 26,300 23,000 19,700 16,400 13,100 9,800 6,500 3,200 0 39,500
2000cc超2500cc以下 41,200 37,500 33,700 30,000 26,200 22,500 18,700 15,000 11,200 7,500 3,700 0 45,000
2500cc超3000cc以下 46,700 42,500 38,200 34,000 29,700 25,500 21,200 17,000 12,700 8,500 4,200 0 51,000
3000cc超3500cc以下 53,100 48,300 43,500 38,600 33,800 29,000 24,100 19,300 14,500 9,600 4,800 0 58,000
3500cc超4000cc以下 60,900 55,400 49,800 44,300 38,700 33,200 27,700 22,100 16,600 11,000 5,500 0 66,500
4000cc超4500cc以下 70,100 63,700 57,300 51,000 44,600 38,200 31,800 25,500 19,100 12,700 6,300 0 76,500
4500cc超6000cc以下 80,600 73,300 66,000 58,600 51,300 44,000 36,600 29,300 22,000 14,600 7,300 0 88,000
6000cc超 101,700 92,500 83,200 74,000 64,700 55,500 46,200 37,000 27,700 18,500 9,200 0 111,000
軽自動車 ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- ---- 7,200
自動車重量税

車両重量に応じて課税される国税。新車や車検の切れている中古車は、購入時と車検時に支払う。車検残のある中古車の場合は購入時に支払う必要がない。

■自動車重量税の税額(単位:円)

車検期間 車両重量
0.5t以下 0.5〜1t 1〜1.5t 1.5〜2t 2〜2.5t 2t〜2.5t 軽自動車
3年 15,000 30,000 45,000 60,000 75,000 90,000 11,400
2年 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 7,600
1年 5,000 10,000 15,000 20,000 25,000 30,000 5,400

※エコカー減税対象車は税率の減免がありますので別途ご確認ください
※初度登録から18年以上経過している車は税率が変わりますので別途ご確認ください
※次世代車は税率が変わりますので別途ご確認ください

自動車取得税

車の取得に対してかかる都道府県税。その税額は新車時の価格に比例するが、車が古ければ古いほど少なくなり、高級車でもたいてい6年前後でゼロになる。

自賠責保険料

いわゆる強制保険。新車や車検の切れている中古車は、購入時と車検時に支払う。車検残のある中古車の場合「自賠責保険未経過相当額」といって購入時点から次の車検時までの期間分を支払うケースがある。

■自賠責保険料(新規加入時の料金 単位:円)

車種区分 37カ月 36カ月 25カ月 24カ月 13カ月 12カ月
自家用自動車(3/5/7ナンバー) 35,390 34,600 25,750 24,950 15,930 15,110
軽自動車 30,840 30,170 22,650 21,970 14,300 13,600
消費税

車両本体価格には内税として含まれている。それ以外のオプション装備や、登録代行費用(下記参照)といった販売店の収入となる手数料などに課税される。

法定預かり費用

各種申請に必要な印紙代のこと。

自動車リサイクル料金

リサイクル法に基づく費用。メーカーがそれぞれの車種に定めたリサイクル料金と、リサイクル法の運用などに使用するリサイクル預託金がある。中古車の場合は、(1)購入時(2)廃車時のどちらかで支払うことになる。

代行活動費用一覧
登録活動費用

車に乗るためには、運輸支局でその車の名義人を登録してもらわなければならない。これはその手続きを販売店に頼んだ場合の代行費用。

納車費用

購入者の自宅などへ車を運ぶための費用。販売店まで自分で取りに行けば不要だが、販売店によっては納車前の車内クリーニングや、車両保管場所から販売店へ輸送するためなどの費用を納車準備費用として請求するケースもある。

車庫証明代行費用

車庫証明の申請を販売店に代行してもらうための費用。

整備費用

納車前に車の点検整備をするための費用。

車検整備費用

車検の切れている車の、車検を取るために必要な点検整備の費用。

中古車購入マニュアルトップ